コラム 団体

市民活動パネル展&皆さんからいただく声に感謝

投稿日:

いよいよ始まりました! 市民活動パネル展です!

藤沢市役所本庁舎1階の市民ラウンジに、12月9日(水)まで展示されています♬

じゃん!

 

じゃじゃじゃん!

 

どーん!!!

 

親心です(笑)

団体メンバーみんなでつくったパネルが嬉しく、ひとりで何度も撮ってしまいました。

制作の様子はコチラ♬

市役所で展示!市民活動パネル展に向けて

じゃじゃ~ん♪ パネル、まもなく完成です! あとは、ニュースレターを入れるケースを左下につけて完成。11月26日から藤沢市役所本庁舎1階で開催される『市民活動パネル展』ぜひいらしてくださいね! &nb ...

続きを見る

 

パネルにもありますが、私たちの団体は『社会の壁にアナを開ける』

社会の壁は、いわゆる三障害だけではありません。幅広く、生きるうえでの「障がい」を私たちは見つめ、伝え、アナを開ける

 

パネル展をきっかけに、毎月のニュースレターとは違う、保存版のAna Letterをつくりました。

10月号と少し似ていますが、内容は別のものです。

今回、保存版Ana Letter、いわゆるチラシを置いていただる方を募集したところ、すぐに10数か所の皆さんからご連絡をいただきました。

飲食店、クリニック、学校、福祉関係の事業所など、本当に嬉しい限りです。

メンバーでチラシをお渡しに伺うと、皆さんのお店や仕事の話、藤沢市のこと、福祉のこと、いろいろなお話ができることも幸せです。

 

私たちは、社会の壁にアナを開けるといいました。

力強く壊そうとは思っていません。壁は一人ひとりに合わせ、あったほうがいいこともあります。

同じであるということを知ること、もっと広い視野で生きるを見ていくこと、伝えたいことがたくさんあります。

チラシを渡す中で「活動よく分かっていないんだけど、応援したいんだ。具体的に何をしているの?」と聞いてくださる方がいました。

詳しく知らないのに、置いてくれようとしてくれたなんて!こんなに嬉しいことはないなぁと思いました。

 

私たちの思う、アナの開け方はそれに近いです。

何がきっかけであってもいい、気軽に近づいて、今まで持っていた視野が少しでも広がってくれたら嬉しい

 

今回、パネル展とチラシをきっかけに、多くの方に「障がいのアナ」を知っていただきました。

チラシを置く置かないではなく、情報をシェアしてくださるなど、とても多くの方が応援してくださっているのが分かり、たまらなく嬉しいです

 

私たちとしては、親心なので…(笑)

このメディアがひとり立ちして、歩き始めているようでとても愛おしい。

 

明日は、ニュースレター11月号の発行日です。毎月のニュースレターは紙ではないので、LINE公式アカウントやSNSを通じて配信します。

 

ぜひ、LINEを使っている方は、LINE公式アカウントのお友達登録

SNSを使っている方は、TwitterInstagramFacebookと利用しやすい媒体で、新しい記事のアップ情報私たちからのお知らせをキャッチしていただければと思います。

 

これからも私たちの団体を、どうぞよろしくお願いいたします♬

チラシのご協力も、まだまだ募集中です~~!

市民活動パネル展

期間:2020年11月26日(木)~12月9日(水)

場所:藤沢市役所本庁舎1階 市民ラウンジ

「障がいのアナ」という名前

「障がいのアナ」という名前の由来 このページは音声で聴くことができます https://shogai-ana.com/wp-content/uploads/2020/04/3e6f7bb84421d3 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 優

大学で看護学を学び、卒業後は藤沢市立白浜養護学校の保健室に勤務する。障がいとは社会の中にあるのでは…と感じ、もっと現場の声や生きる命の価値を伝えたいとアナウンサーへ転身。地元のコミュニティFMをはじめ、情報を発信する専門家として活動する。

-カテゴリー: コラム団体, タグ: newNPOインターン活動報告
-, ,

Copyright© 障がいのアナ , 2021 All Rights Reserved.