インタビュー

憧れの「いらっしゃいませ」(Nico’s Kitchen スタッフ なっちゃん)

「Nico’sに入れて、夢が叶いました」と話す、スタッフのなっちゃん。少し照れながらニコッと笑い、手を振る姿が印象的な Nico’s Kitchen のニューフェイス。2020年3月に養護学校高等部を卒業し、憧れだった接客の仕事に就きました。「みんなで一緒のユニフォームも嬉しい」と話す彼女に、意気込みや楽しさを伺ってみました。

Nico’s Kitchenって??
「つくる」たのしみ 「できる」よろこび
「つなげる」みらい
障がいのある方が働くカフェ

店内では様々なワークショップなども行えます♬

このインタビューは音声でも聞けるようにしています♬

再生ボタンを押してね♪

それでは、2020年3月に養護学校の高等部を卒業して、就労継続支援B型事業所であるNico’s Kitchenに勤めている「なっちゃん」に質問をしていきたいと思います。よろしくお願いします!

よろしくお願いします!

なっちゃん
なっちゃん

ニコズキッチンどんなところか教えてください。

みんな明るくて優しい人です。レストランです。

なっちゃん
なっちゃん

なっちゃんが好きなメニューは何ですか?

とん汁が好きです。

なっちゃん
なっちゃん

いいですね♪このお仕事はいつからやっていますか?

今年(2020年)の4月からです。

なっちゃん
なっちゃん

お仕事は楽しいですか?

はい、楽しいです。パソコンで絵を選ぶのが楽しいです。

なっちゃん
なっちゃん

どんなときに絵を選んで使うのかな?

お弁当のメニューをパソコンで打つんですけど、そのときに選んでいるんです。

なっちゃん
なっちゃん

いろいろと季節に合わせてくれてるんですね。ニコズキッチンで働いているのは4月から、ここで働きたいなぁと思ったのはなぜでしょうか?

小さいときから「いらっしゃいませ」がしたかったからです。

なっちゃん
なっちゃん

いいですねぇ。実際に「いらっしゃいませ」ってお店で言えていますか?

はい♪

なっちゃん
なっちゃん

そんなときはどんな気分になるんでしょう?

うーん、、嬉しい♬

なっちゃん
なっちゃん

では、このお仕事をしていて嬉しいなと思うとき、どんなときでしょう?

お客さんとおしゃべりをすること、お弁当が全部売れたときが嬉しいです。

なっちゃん
なっちゃん

お客さんとはどんなおしゃべりをするの?

メニューの説明をしたり、ありがとうございましたって言ったり

なっちゃん
なっちゃん

そして、もうひとつの嬉しいことでは「お弁当が全部売れたとき」って言ってくれているんだけど、なっちゃんが(藤沢市役所分庁舎に)お弁当を売りに行っている日はいつですか?

火曜日です。

なっちゃん
なっちゃん

お弁当を買いに来ているお客さん、どんな感じですか?

優しいです。

なっちゃん
なっちゃん

今どんなお仕事をしているのか、教えてください

レストランの中の仕事と、お弁当販売です。

なっちゃん
なっちゃん

これからやってみたいお仕事はありますか?

手作りでいろんなものを作ってみたいです。

なっちゃん
なっちゃん

他のメンバーさんは手作りでいろんなもの、作ったりしているのかな?

はい♪

なっちゃん
なっちゃん

それを見ていて、私もやってみたいなと思うもの、見つかりましたか?

はい♪今作ってるんですけど、まずはコレを完成したいなぁと思ってるんです。

なっちゃん
なっちゃん

コレはどんなものですか?

熱くて持てないときに、使うものです。

なっちゃん
なっちゃん
ピンク色のカップホルダー作成中♪

ここからは、なっちゃんについて、いろいろと聞いていきたいと思います。なっちゃんの好きなこと、教えてください

うちでのんびりすることです。のんびり、だら~としているのが好きです。

なっちゃん
なっちゃん

お休みの日は、そうやって、だら~って過ごせるのかな?

はい♪

なっちゃん
なっちゃん

のんびりするって大事ですよね。では次に、なっちゃんの最近嬉しかったこと、あれば教えてください。

苦手だったおしゃべりが、少しだけできるようになって、嬉しかったです。すぐ頭の中が真っ白になってしまいます。女子トークはできるんですけど(笑)

なっちゃん
なっちゃん

女子トーク楽しいよね。今日はなっちゃんおしゃべりも上手だし、たくさん頭が真っ白にならないように準備をしてくれたんだと思います。どんな準備をしたのか、ぜひ教えてください

この質問を、どういうふうに答えようかなーって考えて、紙に書いてきました

なっちゃん
なっちゃん

今日のために準備をしてくれたことを私も嬉しいなと思いました。では、なっちゃん、お仕事を始めて、まだ1年経ってないくらいだけど、なっちゃんの夢は何でしょうか?

ニコズに入れて、夢が叶いました。なので、夢探し中です。

なっちゃん
なっちゃん

いいですね。ニコズキッチンに来ることがまず一つ目の夢だったんだね。ここから新しい夢を探していくってことですね。これからもぜひ頑張ってね

はい♪

なっちゃん
なっちゃん

では、最後に藤沢の皆さんに伝えたいことはありますか?

悲しかったこともあったけど、藤沢の人は優しい人が多いです。ニコニコしてくれたり、席とか譲ってくれるからです。

なっちゃん
なっちゃん

インタビューを終えて

インタビューは、Nico’s Kitchen の店内

代表の小木曽まこさんにそばにいてもらい、3人で録音を始めました。終わった瞬間の拍手と、少しのアフタートークを特別に♬

特別編☆アフタートーク

なっちゃんが捉える社会は、優しい人が多い社会。怖いことも不安なことも悲しいことも、もちろんあるけど、社会の一部を切り取ったときに「優しい」という部分をピックアップできるのは彼女のもつ人間性だと思います。同じ一日を過ごしたときに「優しい」を何個カウントできるのか…少しでも、なっちゃんに近い生き方としていきたいなと思いました。

そして、彼女の「夢が叶いました」という言葉。

質問をしておきながら「なっちゃんは、夢が叶った経験をできているのだ」と、計り知れない喜びを感じました。

それは、私が見てきた障がい福祉という世界では「夢を抱く」「夢を叶える」ということが途方もなく難しいように思っていたからです。就労先の選択肢がなく、行けるところがあって良かったと就労先が決まることもありますし、決まらないことも往々にしてあります。

普通校といわれるような学校では「将来の夢は何?」と聞きますが、その会話の経験がない子たちも、ものすごくたくさんいて、障がいがあることで、「夢を抱く」ということが当たり前ではなくなってしまった子どもや、ご家庭がどれほどあるだろうと苦しくなるのです。

今回、彼女の言葉を聞き、もっとこの言葉を言える子が増えてほしい…親心に近いのか、社会に出ていく障がいのある子たちに、この経験をさせてあげたいと思いました。社会の当たり前は、選択肢がないということに不足を感じていない場合がほとんどです。これから大人になる多くの障がいのある子たちが、当たり前に選択肢を持つことができ、その中で「夢が叶った」と嬉しく思えるような社会にしていきたい…

障がい福祉だけでなく、病気や貧困、いろいろな壁がありますが、『夢は本人の「努力」と「チャンス」があれば叶えられる』『将来の夢は何?』と、どんな状態の子どもであっても、夢を抱き、夢を選択できる社会に変えていきたい、そう思いました。

取材秘話 ~ガラス越しの出逢い~

なっちゃんと私の出逢いは、藤沢市役所分庁舎

レディオ湘南(分庁舎スタジオ)で、お昼の番組を放送していると、ガラスを挟んで、隣でお弁当を売っていたのが、Nico’s Kitchenの皆さんでした。

放送しながら見ていると、以前このサイトでも紹介をしたNPO法人ドリームエナジープロジェクトの素敵な出逢いオンラインコンサートで素敵なメッセージを伝えてくれた「なっちゃん」が!

気づいた瞬間がとても嬉しく、スタジオ内にあった紙に『ドリプロのオンラインコンサート、すてきでした。どうもありがとう。』と書いて、ガラス越しに読んでもらったんです。

そこから、生放送の裏側でチャンスを見つけて、ガラス越しに手を振るというのが、私たちの毎週の楽しみになっています♬

Nico’s Kitchen

住所:〒251-0002 藤沢市大鋸1-9-2玉樹ビル1F

電話:0466-90-3494

営業時間:11~17時 ※コロナ対応(夜は自粛中)
定休日:日曜日 ※土曜はご予約のみ

WRITER

小川 優

大学で看護学を学び、卒業後は藤沢市立白浜養護学校の保健室に勤務する。障がいとは社会の中にあるのでは…と感じ、もっと現場の声や生きる命の価値を伝えたいとアナウンサーへ転身。地元のコミュニティFMをはじめ、情報を発信する専門家として活動する。

RECOMMENDおすすめ記事