企業とのコラボ01「福祉で働く魅力を伝える」

投稿日:

こんにちは、小川優です。

障がいのアナの活動は文字が多いので、なかなか皆さんに顔を見せる機会はありません。

なので、今回はちょっと貴重な動画のご紹介です♬

障がいのアナは、「伝える」「つなぐ」活動を大切にしています

「認識」と「認識」のあいだを結ぶメディア「障がいのアナ」

 

今回、ご紹介する「ふくじんづけ」は、

バリアフリーをデザインして笑顔を創る会社「ハビリスデザイン」がおこなうHABILIS smile project の一環です。

詳細は、ハビリスデザインのHP

 

「ふくじんづけ」は、

Youtubeチャンネル「HABILIS smile project」でご覧いただけます。

福祉と関わる「人」や「場」にクローズアップし、福祉の仕事の魅力をお伝えする番組です。

 

今まで、私がお話させていただいた方は、5人

現在編集中のものもありますが、本数にすると、15本ほどになります。(2020年7月現在)

心にグッとくる言葉が毎回あり、本当に皆さんの言葉にはパワーがありま

ぜひ、お時間あるときにご覧ください♬

 

Youtubeチャンネル「HABILIS smile project」

■ ふくじんづけ ■

ふくじんづけ#4を振り返って ~smalleatの「伝える」魅力~

どの回も素敵なのですが、今回の感想は #4 smalleat の活動♬
▶この動画をチェックしたい方は ここをクリック

ものづくりを通して、福祉と社会をつなげるというのは、なんて柔らかくて、確かで、美しいのだろうと思いました。また、作品を福祉施設でつくりきらず、材料として提供し、つないでいくという発想も好きです。

「わぁ、可愛い」「お気に入りを見つけた」「え、これ、うちの近くの福祉施設がつくってるんだ」ワクワクとする世界の中で福祉を知り、自然と福祉に近づける――

彼女が紡ぐ世界は、押し付けとは違う柔らかさがあり、論理や言葉という外からの刺激に頼らず、単純に小物を好きになるというその人自身の感覚から入るので、生まれた思いは確かなものになる――

心から尊敬するアプローチの仕方です。流れる川は柔らかいのに、力強くて、美しい、そんな大自然を見ている感覚になります。
私がいかに彼女に惚れ込み、障がいのアナに誘ったのかがバレてしまいますね(笑)

ぜひ、ご覧いただきたいと思います。 2020.7.24

 

「障がいのアナ」は、これからも、Habilis smile project を応援しています。

Youtubeチャンネル「HABILIS smile project」 ふくじんづけ

 再生リストは こちらをクリック

領域を超えて何かを伝えたい、福祉を発信したい、懸け橋がほしい…

「伝えたい」と思ったときには、いつでもご相談ください。

「障がいのアナ」へのお問い合わせ・取材依頼はコチラ

 

 

小川 優
  • この記事を書いた人

小川 優

大学で看護学を学び、卒業後は藤沢市立白浜養護学校の保健室に勤務する。障がいとは社会の中にあるのでは…と感じ、もっと現場の声や生きる命の価値を伝えたいとアナウンサーへ転身。地元のコミュニティFMをはじめ、情報を発信する専門家として活動する。

-タグ: new企業コラボ, お勧めグッズ・情報: お勧めグッズ・情報
-,

Copyright© 障がいのアナ , 2020 All Rights Reserved.